ハノイで9/21から美容院やアプリでのデリバリーサービスが再開!ベトナム社会隔離措置の一部緩和

本日9/21よりベトナムはハノイの社会的隔離措置が一部緩和しましたのでシェアしたいと思います。

長かったロックダウンからようやく光が見えてきましたね!

スポンサーリンク

9/21から営業再開の業種

2021年9月21日からハノイ市で営業が再開可能な業種は以下の通りです。

コンビニ、スーパー、薬局、食料品店、医療機器店、病院、銀行、郵便局、通信業、輸送サービス、社会福祉施設、美容院、理髪店、車体修理業、洗車業、電気業、家電、文房具店、書籍店、学用品店、建設資材店、電子商取引など

かなり多くの業種が再開できそうですね。

ただ飲食店については制限があり、デリバリーオーダーのみ対応で営業時間も午後9時までとのこと。

また、多くの人が待ち望んでいたであろう美容院の営業も再開しました。

ロックダウン中ずっと髪を切れませんでしたからね。。

21日からかなりの予約が見込まれるので髪を切る予定の方はお早目のご予約をオススメします!

Grabなどの配車アプリも復活しましたので、飲食デリバリーも可能になりました。

配達員は最低1回以上のワクチン接種が義務付けられているので少し安心ですよね。

ただし普段の半分以下の車両数となっていることとデリバリー注文数が多くなることが予想されるので、注文確定までに時間がかかる可能性があるのでお気をつけください。

尚、タクシー業務のほうは配車アプリも含めまだ運航停止中です。

通行証も不必要に

今まではスーパーなどに買い出しに行く場合は通行証が必要でしたが、こちらもハノイ市内では必要なくなりました。

これで買い溜めする必要もなくなり好きな時に買い物できるようになりましたね。

ただし省境の検問は引き続き実施されていますので、ハノイから他省にご移動予定の方はご注意ください。

他省からハノイに行くのは可能ですが、ハノイから他省に行く場合は行き先の省で隔離が必要な可能性があります。

まとめ:復活の兆しが見えてきた

娯楽活動やスポーツなどはまだ禁止されていますが、生活に必要な活動ができるようになってきたので経済復活の兆しが見えてきたと言えます。

ハノイもワクチン接種率が徐々に上がってきていますので今後に期待です。

またホーチミンの状況は未だ良いとは言えませんが1回目のワクチン接種率が9割を超えたということで状況の回復はもう少しのところなのではないでしょうか。

コロナの波が来るたびに封じ込めてきたベトナムなので今回の波もきっと乗り越えてくれると信じています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました