ベトナム旅行ですぐ使える!カタカナで覚えられる基本的なあいさつ表現【ベトナム語】

シンチャオ!

今回はベトナム旅行などで使える基本的なベトナム語での挨拶表現について紹介します。

近年ベトナムの観光業界は急成長を遂げていますが未だに英語を話せる人は高級レストランやホテルを除いて少ないです。

またベトナム人はベトナム語を話す外国人に優しくなる傾向があるので、簡単な表現を覚えていくだけでもサービスが良くなるかもしれませんよ。

値段交渉などの様々なシチュエーションでの会話表現も書いてしまうと量が多くてやる気がなくなってしまうかもしれないので、今回はあいさつ表現に絞って紹介します!

 

基本的なあいさつ

Xin chào(シン チャオ)…こんにちは

こんにちはの丁寧な言い回しです。

実際は相手の年齢などによって「Chào em」「Chào anh」のような様々な言い方を使い分けるのですが、旅行のために細かく覚えるのは大変なので、誰にでも使える「Xin chào」を紹介します。

 

Cảm ơn(カム オン)…ありがとう

ありがとうはベトナム語で「Cảm ơn(カム オン)」と言います。

実際はこれも「Xin chào」と同じで年齢などに合わせて「Cảm ơn em」「Cảm ơn anh」などと言いますがとりあえず「Cảm ơn」で覚えましょう。

「Cảm ơn」だけですと若干フランクな言い方になってしまいますが我々は外国人なのでそこまで気にしなくても大丈夫です。

どうしても丁寧な言い方で話したいという方は「Xin cảm ơn(シン カム オン)」と言ってみましょう。

「Xin」をつけることで丁寧な言い方になります。

アクセントは「ơn(オン)」の部分を高く言うことで伝わりやすいですよ。

 

Xin lỗi(シン ロイ)…すいません、申し訳ございません

すみませんや申し訳ございませんはベトナム語で「Xin lỗi(シン ロイ)」と言います。

普段日本人は呼吸をするようにすみませんと言いますが、実際ベトナム人はあまり「Xin lỗi」と言いません。

これは「Xin lỗi」と言ってしまうと自分が悪かったと認めてしまうという考え方があるからだそうです。

中国人みたいですね。

紹介しておいてあれですが、あんまり連発しない方が良い言葉と言えるでしょう。

 

Tạm biệt(タン ビッ)…さようなら

別れの挨拶の時は「Tạm biệt(タン ビッ)」と言ってみましょう。

Hẹn gặp lại(ヘン ガッ ライ)…またね

「Tạm biệt(タン ビッ)」は永遠の別れみたいな感じもするので、実際は永遠の別れだけどオブラートに包みたい方は「Hẹn gặp lại(ヘン ガッ ライ)」と言ってみましょう。

あいづち

Dạ(ザ)、Vâng(ヴァン)…はい

相槌で「はい」と言いたい時は「Dạ(ザ)」「Vâng(ヴァン)」と言います。

どちらを使っても全然問題ないですし、「Dạ Vâng」と繋げて言っても大丈夫です。

「Vâng」はどちらかというとハノイなどベトナム北部でよく使われるそうです。

Không(ホン)…いいえ

「いいえ」と言いたい時は「Không(ホン)」と言いましょう。

実際の発音はkとhを合わせたような痰を吐き出したい時の喉をゴロゴロさせる時のような発音ですが、シンプルに「ホン」で通じると思います。

何か買わされそうになったりタクシーの勧誘など嫌なことがあったらとりあえず「Không(ホン)」と連発しておきましょう。

まとめ

今回は基礎的なあいさつだけに絞ってベトナム語の表現を紹介しました。

実際のやりとりや会話は英語で行っても、挨拶だけでもベトナム語で話すことで話し相手と距離を縮めることができますよ。

ベトナム旅行に行く前にあいさつ表現だけでも覚えて行かれることをオススメします。

あいさつだけでは物足りない、値段交渉がしたい!という方は次のステップで値段交渉などのベトナム語会話表現を覚えてみましょう。

ではまた!Hẹn gặp lại!

コメント

タイトルとURLをコピーしました